PCMファンクショナル2アンダーウェア

2013.11.08 Friday

0

    皆様、こんにちは![E:catface]



    本日のニュースでは、日本人初の宇宙船船長に就任する若狭さんが無事に



    国際宇宙ステーションへ到着したとのこと。



    無事に任務を達成して帰還していただきたいな〜、と思います。



    宇宙でも活躍する日本人、頑張ってほしいですね!



    さてさて、極限の環境とも言える宇宙空間では、地上とは違う環境でも生活や



    作業が出来るよう、様々な特殊技術や素材が開発され、宇宙飛行士たちの



    活動を支えているのは皆様ご存じかもしれません。



    中には低反発枕や車のエアバッグのように、すでに身近になっているものも



    ありますよね。



    そんな特殊素材のひとつである、PCM(相変換物質)を使用したハイテクウェア



    を今回はご紹介したいと思います♪



    PCMファンクショナル2アンダーウェア



    ジャケット  25,725円 



    C0088507_1433040



    パンツ   17,325円



    C0088507_1435163



    サイズ : 男女兼用 S〜XL(ドイツ規格サイズ)



    ****************************************************************



    PCM(Phase Change Materials の略)とは元々、NASAのためにスイスの



    シェラー社が宇宙服用として開発した相変換物質の一種です。



    そのPCMを一般用に実用化したものが、こちらのウェアに使用されています。



    「相変換物質」なんて聞き慣れない言葉ですが、わかりやすくご説明すると



    PCMには設定された一定の温度範囲を保とうとする働きがあります。



    目に見えないマイクロカプセルの中に入ったPCMが気温を感知し、気温が



    上昇した際には中の物質が液体化し、周りの熱を奪うため気温を下げる作用が



    働きます。反対に気温が下がった際には中身の物質が固体化し、取り込んだ



    熱を発散するため温度の下降を止めるという仕組みです。



    イマイチわかりにくかった方、スミマセン・・・



    図で説明するとこんなカンジです。



    22_17_2



    (↑画像は日本化学繊維協会のHPより)



    Pcm



    つまりは温度変化の激しいライディングやスポーツの際に、ウェア内の温度



    環境を一定の状態に保ってくれるというわけですね。



    BMWの「PCMファンクショナル2アンダーウェア」ではこのPCM素材を



    ライディングの際に温度変化を受けやすい部分に効果的に配置し、それ以外の



    部分には内側に暖かみのあるフリース素材を使用するなど、これからの季節に



    ぴったりの造りとなっております。ライディングジャケットの下に着用することを



    想定しておりますので、フィット感のあるつくりですが、ストレッチが入っています



    ので窮屈な感じはありません。



    ジャケットは程よい厚みがあるので、アウターとしても着用できると思います。



    ちなみにパンツは少し短めの丈になっており、ハイソックスやロングブーツに



    干渉しないよう考えられております。



    (つまり、足が多少短くてもOK、ということかも・・・)



    推奨使用外気温は5℃〜15℃



    同じく寒い時期にオススメの「ファンクショナルサーマルアンダーウェア」



    上に重ねていただくと、より快適に着用していただけますよ♪



    ↓ シャツ 11,025円            ↓ パンツ 9,975円



    Under_2  Pant_2



    こちらも実際に私も愛用中ですが、冬のツーリングに非常に重宝しています



    前回ご紹介した「ツアーシェルスーツ」で気温5度のアルプスを走行した際は



    下にこちらを着用、横風が吹きつけるガードレールのないワインディングを



    緊張しながら走る中、寒さをほとんど感じることなくライディングに集中することが



    できました。



    Photo



    冬のレジャーにもいろいろ使えそうな、PCMファンクショナル2アンダーウェア



    是非、皆様のワードローブに加えてくださいね!